ホーム > 柔道整復師協同組合について > 柔道整復師協同組合について

協同組合について

奈良県柔道整復師協同組合とは

奈良県柔道整復師協同組合は、組合員の相互扶助に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、組合員の自主的な経済活動を促進し、その経済的地位の向上を図ることを目的とします。業務のサポートに努め、組合員の出資金により成り立つ団体です。

法律の規定により設立され、法人の資格を持っています。母体は公益社団法人奈良県柔道整復師会です。

本県協同組合は平成3年2月の創立総会に産声をあげ、同年6月に法人設立の登記を完了し、「奈良県柔道整復師協同組合」が正式名称となりました。以降は2年毎の役員改選を経て現在に至っています。平成21年8月には、ホテル日航奈良「天空の間」において、 協同組合設立20周年の記念式典及び祝賀会が執り行われ、就任5年以上の歴代理事者が奈良県中小企業団体中央会より表彰されました。

協同組合では購買事業のみならず、医療機器等の低価格での紹介をはじめ、教育図書、医療・学術研修・情報処理システム技術研修等による資質、技術向上の支援や、広告媒体の効果的利用促進、また生命保険の斡旋や人間ドック・保養施設の優待利用等、業務の支援のみならず福利厚生のための有益情報やサービスにも力を入れております。

役員紹介

理事長:木村 友慈
(北葛城郡)

副理事長:岩井 寿浩
(宇陀市)

理事:竹花 清幸
(葛城市)

理事:松村 雅行
(大和高田市)

理事:勝良 憲浩
(北葛城郡)

監事:出口 昌弘
(天理市)

監事:江戸 秀明
(奈良市)

 

このページのトップへ