ホーム > 学術部 > 第4回学術検討会報告


第4回学術検討会内容報告

平成25年12月7日(土)15:00より
本会会館にて、第4回学術検討会が開催されました。

第4回の検討内容は、以下の通りでした。
  ・膝関節損傷に対するギプス固定
  ・アキレス腱断裂の固定
  ・コーレス骨折に対する固定法及び注意点

また、翌日は奈良マラソン開催で
救護に出向く会員の参加があった為、
救護所で遭遇する筋挫傷に対するテーピングや
ストレッチの方法も検討しました。

少人数でしたが、多くの意見交換もあり充実した検討会でした。

 

前回までの検討内容

第1回学術検討会
 ・頸部・腰部MRI所見による検討
 ・マッケンジー理論を応用した手技的アプローチ

第2回学術検討会
 ・鎖骨骨折骨癒合不全に対するアプローチ
 ・足関節捻挫に対する巻軸包帯を利用した応急的な固定法
 ・腰椎圧迫骨折に対しての整復法・固定法及び後療法について
 ・肩関節拘縮に対する段階的なリハビリについて
 ・コーレス骨折後、手指に浮腫を生じた1例
   (浮腫除去に対するアプローチ)

第3回学術検討会
 ・骨折後の浮腫除去について
 ・中足骨骨折のギプス固定について(実技)
 ・第4中足骨基底部骨折について
  (症例提示・実技)
 ・アキレス腱周囲の痛みに対する
  キネシオテープ貼付法について

このページのトップへ